最新記事

冠婚葬祭の場面では、基本的なマナーをもった行動が必要とされます。
ちょっとした言葉であっても、その場に相応しくない言葉、使用すべきではない言葉なども存在しますので、知識として留めておく必要があります。
 冠婚葬祭の中で結婚式は、晴れやかな場所となります。
これからの2人の新しい門出をお祝いする場所となります。
結婚式には、主役の2人を中心として、親族、仕事関係者、友人等が出席する事が多くなります。
まずは主役の2人が晴れて結ばれる日でもありますので、別れる・切れる・終わるなどの言葉は避けるべきものとなります。
2人の今後に繋がらない様にという配慮も必要です。
そのため、結婚式の終了時には、『お開き』という言葉が使用されるなどの場面もあります。
 この様な知識は、年齢を重ねた人ほど認知している場合が多くなります。
知っている人にとっては、使用すべきでない言葉を聞いてしまうと、場に相応しくないという気持ちになってしまう可能性があります。
何よりも、その場所、式典などの目的を考慮して、言動に注意する事が大切です。