最新記事

冠婚葬祭の中で、結婚式などは誰もが晴れやかな場として出席できる機会になります。
出席に伴って、熨斗袋を持参する場合があります。
基本的な内容を知識としてもっておくと、迷わずに対処する事に繋がります。
 熨斗袋については、最近ではコンビニや100円ショップなどでも扱われていますので、種類も豊富な中から選択する事ができます。
唯、目的によって使い分けする必要もありますので、選択する場合には留意する必要があります。
 熨斗袋には、水引などで封を結ぶものが付いています。
こぶ結びで結んだ水引が上に向かっているもの、蝶々結びになって下に向かっているものなどがあります。
結婚式の場合には、別れに繋がらない内容が良しとされます。
一回のこぶ結びで水引が上に向かっている熨斗袋を選択する事が大切です。
『ほどけない』という言葉に繋がるからです。
蝶々結びの場合には、ほどけてしまう事から、慶事に利用はできますが、結婚式には適していないという事になります。
これは、葬儀などで利用する熨斗袋についても、結びきりを選択して、二度とない様にという意味を込める事にも繋がります。
 冠婚葬祭の知識は、知っておけばいざという場面で役立ちます。
知らないままだと、恥をかいてしまう場合もありますので、普段から頭の片隅に入れて活用する事が望まれます。