最新記事

生活の中で、冠婚葬祭の各場面は存在しています。
いずれの場面においても、意味や目的があって行われている事になります。
基本的な知識を必要場面に応じて活用する事が求められます。
 例えば、お見舞いなどの場面もあります。
お見舞いの場合には、特に相手の体調や気持ちに配慮した対応をする事が大切なポイントになります。
手術などをしても、非常に苦しい体調の場合などもあります。
仕事関連でのお付き合いなど、必要性があるかもしれませんが、まずは相手の状況に配慮しながら実施する事が重要です。
 お見舞いには、お花などをもっていく事が多くあります。
この際、お花の選択に困る事があります。
病院へのお見舞いでは、鉢ものはタブーとされています。
『根付く』という言葉が連想され、病気や入院生活が根付くに繋がってしまうからです。
選択に困った場合には、目的を話して、花屋さんに尋ねて花束を作ってもらうなどもできます。
ポイントとしては、匂いのきつい花、血を想起させる様なカラーの花などは避けた方が無難な内容になります。