最新記事

冠婚葬祭の場面では、それぞれの場面でしきたりなども存在します。
列席する場合には、基本的なマナーだけでも守って、場の雰囲気を崩さない配慮が必要となります。
 冠婚葬祭における装いについては、特に目だってしまう事もありますので、知識として基本をもっておくと便利です。
結婚式に招待された場合には、華やかな装いができます。
しかし、基本となるのは、主役の2人を超える様な服装はしない事が前提になります。
自分が目立つための結婚式ではありません。
主役の2人の親族なども列席する場所ですので、肌の露出は控えながら、華やかな演出に繋げるなどがマナーでもあります。
 結婚式では、二次会などの兼ね合いも考えて、女性はオフショルダーのドレスなどを着用する場合もあります。
唯、結婚式の場合には、肌の露出を控える事もマナーですので、ショールなどを上に羽織って出席する事も工夫の一つになります。
 加えて、晴れやかな場所でもありますので、毛皮、爬虫類などの革製品は、できるだけ避けておく事も大切です。
生き物の殺生が想起されるため、冠婚葬祭の場面では避けておく様にするなども、知識に留めておきたい内容となります。